お金を借りる

お金を借りる 条件別シミュレーション

お金を借りる金融機関は銀行、消費者金融、信販等々幅広く存在します。
銀行法と賃金業法の下に運営していますので金額、現在の借入額等々に
より選択すべき事業者は異なります。
このツールは目安としてどこから借りるかを算出するツールです。
お気軽にお使いください。

お金を借りる 条件別シミュレーション
職業は? ※必須
年齢は?※必須
現在の借入額※必須
希望借入額※必須

【お金を借りる】ということについて、
あまり良いイメージを持っている人はいないでしょう。
全く無計画に、目的もなしに、やみくもにお金を借りる
というような行為であれば、 そのような
良くないイメージを持たれてもしかたありません。

しかし、きちんとした返済計画を立てて、
明確な目的のために借りるお金であれば、
未来に対しての投資だと考えます。
お金を借りることによって、その人にとって有意義な
何かをもたらしてくれるのであれば、 とても前向きな行動だと思うのです。

例えば、ごく一般的な年収の会社員が、家族みんなで暮らすことができる
一軒家を買おうと考えてお金を貯め始めたとします。
一生懸命働いて、数十年かかってやっと家が買うことができる程度の金額を手にした頃には、
子供も親の元を離れ、年老いてしまった夫婦にとって
もう一軒家ほどの大きな家は必要なくなってしまっているでしょう。
これでは本末転倒です。

そうなってしまうよりは、住宅ローンでお金を借りて、
必要な時期に家族みんなで一軒家で暮らすことができて、
地道にローンを返済して、数十年後に完済するというシナリオのほうが、
現実的だしとても有意義ですね。

Money Changes Everything

借り入れは、無理のない計画的な返済と一対になっていてこそ、
はじめて有意義になります。


お金を借りるということは、貯めることより簡単です。
借りることに慣れてしまうと、借りているものだという感覚が薄れてきます。
次々に借りるようになってしまい、気がついたときには自身の返済能力以上の借り入れとなっていて、
さらに他から借りなければ立ち行かなくなり、当初は有意義だったはずの借り入れが、
いとも簡単に無意味な返済へと変化し、すべての計画を狂わせてしまうことになりかねません。

Money Changes Everythig

80年代のヒット曲にもありましたが、
正にお金は全てを変えてしまう力をもっています。
良い方向に変えてしまうこともできれば、悪い方向に変えてしまうこともあります。
どちらの方向に変えるか?それは人それぞれの気持ち次第です。

キャッシング

住宅ローン

自動車ローン

おまとめローン

ビジネスローン

現在の日本では、 さまざまな形でお金を
借りることができる仕組みが用意されています。

住宅、自動車、事業資金などの目的別ローンのほか、それぞれの目的のために自由に使うことができるキャッシングなどなど。

先進国と呼ばれる国々では、
日本と同じようにこういった融資の仕組みが用意されている場合がほとんどですが、

その中でも日本は、かつては非常に高く設定されていた上限金利を、
度重なる法改正によって整備するなど現在では借入額によって上限金利が決められているので、
利用者にとっては比較的恵まれた環境にあるといえます。

規制緩和と上限金利29.2%への変更の可能性

消費税率が5%から近い将来10%になるのと同じようにローンの金利(年利)が
変更されることもしばしばあります。遡ること数年前の2006年は緩和でなく賃金業法の
元、金貸しをしている消費者金融等に規制がかけられました。
お金を借りる側にとってはプラスの変更でした。

しかし、また規制緩和が検討されています。実際は元に戻るだけですが。
そこで消費税と同様に施行される前に借りてしまったほうが良いのかという考えも
あるようです。しかし緩和がされるから先に借りておいたほうが良い。というのは安易
であると言えるでしょう。キャッシングであれば現行の18%程度で貸付している業者もいれば
それよりも低い利率で提供している業者もいます。規制緩和はあくまでも賃金業法のルールであり
それよりも上回った場合の貸し付けが違法というだけです。

可能性としてですがすべての業者が29.2%ぎりぎりでサービス提供するというのは低いのでは
ないでしょうか。実際はなってみないとわかりませんが、消費税の駆け込み注文のように小口資金を
借入するというのは止めておきましょう。損得で考えるのであれば住宅ローンの固定金利で社会状況を
見て今のうちに借りておいたほうが良いという部類ならわかりますが。

当サイトについて

当サイトでは、こういったさまざまな融資の基本的な知識はもちろん、
上手な利用方法など、お金を借りる上で役に立つさまざまな情報を
発信できればと考えています。

お金の勉強ができるサイト様

お金に関しての情報は1人に聞くよりも多くの正しい情報を吸収してください。
当サイト以外にもおすすめの金融系WEBサイトを紹介したいと思います。

キャッシングの金利等の情報

wikipedia- 貨幣
少し違った視点ですが、貨幣(money)の機能、歴史を文学的に学ぶことができます。
このページは 写真もあるので面白いです。

enbr- 今すぐお金を借りる方法
テーマとして当サイトでも取り上げた内容ですが端的にまとまっているページです。

↑PAGETOP